政和通寶などの古銭買取りが可能な専門店

中国の王朝の中でも北宋は960年から1127年の時代に趙匡胤により建立されたのが宋であり、この時代に流通された貨幣の一つに政和が在り、これは1111年から1118年までの元号になります。
中国の歴史は日本の文化に大きな影響を及ぼしていると言われていますが、中国の歴代銭は日本にも大きな影響を及ぼしていると言われており、国内で流通された貨幣の中には中国からの伝来によるものが多いとも言われています。
政和は北栄時代の中で流通されているもので、時代としては1111年から1117年の7年間となりますが、この間に様々な貨幣が流通されているのですが、流通された貨幣の特徴として中央に四角形の孔が在る事、孔の上下左右に「政和通寶」の文字が刻印されているのが特徴で、穴が開いている事から古銭の中では穴銭と言います。
古銭と言うのは古い時代に流通され、経済の中で活用されていた貨幣であり、現代のお金と同じ役割を持つものもあれば、お金と言う概念とは異なり、貨幣の一部を切り取り、それを使って他の物と交換をすると言った使われ方をしている秤量貨幣なども存在しており、古銭買取りのお店にはこのような知識を豊富に持つ鑑定士がいて、古銭の価値を熟知する事からも適正な値段で買取りをして貰う事が出来ます。
政和通寶には文政曳尾や文政御書、楷書中禾など色々な種類が在ります。
専門家が見る事で、目の前に在る古銭がどの種類になるのかと言った区別を付ける事が出来る能力が在ります。
因みに、政和通寶の種類は豊富ではあるのですが、貨幣の刻印書体には違いが在るのが特徴で、この書体の違いにより区別をつける事が出来るのが特徴です。
例えば、文政曳尾の場合は、刻印の中の「政」の文字に特徴が在り、この文字の最終画が長くなっていると言った特徴が在ります。
また、文政御書には特徴を持つ書体の真書と「政」の文字の4および5画が鋭角になっていて、「寶」の文字が円貝宝になっている篆書書体の2種類が在るなどの特徴が在ります。
尚、これらの違いと言うのは異なる2つの古銭を並べる事で違いが在ることが素人でも解りますが、古銭買取りのお店は持ち込まれた古銭が何時の時代のもので、現在の価値がどのくらいあるのかを熟知しているため、家の中を整理していた時に見つかった古銭の価値を調べて貰う事も出来ますし、古銭の買取り専門店と言う事からも適正価格での処分が出来ると言うメリットが在ります。
尚、古銭買取りの専門店などの情報については、ここからご確認ください