大正時代の貨幣と古銭買取りについて

大正3年は第一次世界大戦と言った事変が起きた年で在り、終戦後は世界的な不況となり、その不況の波は日本国内にも訪れたと言う時代でもあるわけですが、戦争が勃発した事により、貨幣の需要が激減し、戦争の影響により銀の価格が高騰するなどの理由からも、10銭や20銭、50銭と言った銀貨の縮小化を行うものの、銀価格が上昇し続けた事により、製造が行われても流通させることが出来ないと言った特殊な時代でした。
尚、この時代は補助貨幣が不足した事からも、緊急政府紙幣が発行されるなど、貨幣の危機を迎えた時代でもあり、現存する銀貨の数などは少ないなどと言われており、古銭買取りの中では希少価値が高いと言われています。
因みに、政府紙幣には10銭券、20銭券、50銭券、1円券、5円券、10円券、20円券、50円券、100円券などの種類が在り、大正時代の通貨としてコレクターの間では注目を高めているものであり、古銭買取りのお店などでの取引では高額になるケースも少なく在りません。
また、このような貨幣と言うのは遺品整理をしている時に見つかる事も在ると言われており、処分に困った場合などでは専門店に持って行くことで鑑定士による査定が行われ、買取りが可能になるケースが多いと言う事です。
大正時代は戦争が勃発した事からも日本の経済は大不況に陥り、貨幣についても波乱の時代と言われています。
尚、大正時代に流通されていた硬貨には、5厘青銅貨、稲1銭青銅貨、桐1銭青銅貨、大型5銭白銅貨、小型5銭白銅貨、旭日10銭銀貨、10銭白銅貨、旭日50銭銀貨、小型50銭銀貨、新1円小型銀貨、新5円金貨、新20円金貨と言った硬貨や小額政府紙幣として100円、20円、10円、5円、1円、50銭、20銭、10銭などの種類が在ります。
古銭買取りは価値のある貨幣を買取りしてくれる専門店になりますが、身内の遺品整理をしていた時に引き出しの奥に在る貨幣の中に大正時代の硬貨や紙幣と言ったものが見つかった場合、これらの貨幣の価値を熟知している鑑定士に査定を依頼する事で高額査定になる事も在ります。
当時は100円としての価値を持つ紙幣でも、現代において希少価値が高い紙幣や硬貨などの場合、額面の何百倍もの価値を持つものも在ります。
最近はネットオークションを利用してコレクション品を出品される人も多いのですが、コレクション品の価値を知った上で出品をしないと損をしてしまう事も在るため、古銭買取りを行う専門店での査定を受ける事がお勧めで、詳しくは「昔使ってた貯金箱を開けてみる」をチェックするのがお勧めです。