明治時代の貨幣と古銭買取りについて

明治4年は1871年、現在から100年以上も昔の話になるわけですが、この時代に日本の貨幣法が制定され、金貨を本位貨幣、銅貨を補助貨幣とするなど、円形の打刻型にするなど、現代の貨幣の原型がこの時代にスタートした事になります。
また、この時代以前に通貨の単位として利用されていた、「両」、「分」、「朱」、「文」から「円」、「銭」、「厘」と言った単位に変更が行われたことも特徴の一つです。
因みに、従来の1両と言うのは、4分、16朱、4000文と言った具合に1両の価値を知ることが出来ますが、1円と言うのは100銭、1000厘と言った具合に、1円の価値やその他の通貨単位の価値を知ることが出来ます。
尚、明治の時代と言うのは銭や厘と言った通貨単位が存在しているわけですが、時代が変わると共に、銭や厘と言った通貨単位から現代のものに変わっており、古い時代のお金の中には50銭硬貨や1厘硬貨、10銭硬貨と言った現代とは異なる通貨のお金も数多く在り、コレクターの間などでは注目を集めているものも少なく在りません。
古銭買取りでは、古い時代の貨幣を買取りしてくれる専門のお店であり、お店に直接持ち込んだり、通販を利用して古銭買取りのお店に郵送する事で査定を受ける事が出来るようになっています。
身内の遺品整理をしていた時に古い時代のお金が沢山出て来たと言った場合や、遺品の中に明治時代の貨幣が出て来たと言った場合など、古銭買取りのお店に持ち込む事で買取りをして貰える事も在ります。
買取りして貰える事も在ると言うのは、市場に現存している数が多いものなどの場合、収集している人の数が少ないため、買取りをしても流通が難しいため断れてしまう事も在ります。
しかし、明治時代の硬貨の中には希少価値が高いものも在り、高額で買取りをして貰える事もあるため、まずは査定を受けてみるのがお勧めです。
因みに、この時代の硬貨と言うのは、1厘銅貨を初めとして、半銭銅貨、竜1銭銅貨、2銭銅貨、菊5銭白銅貨、旭日竜5銭銀貨、旭日大字5銭銀貨、竜5銭銀貨、旭日竜10銭銀貨、竜10銭銀貨、旭日竜20銭銀貨、竜20銭銀貨、旭日竜大型50銭銀貨、旭日竜小型50銭銀貨、竜50銭銀貨、旧1円銀貨や新1円大型銀貨など数えきれないほどの種類が在るため、所有しているものがどのような硬貨などによっても価値が変わって来ます。
古銭買取りの専門店にはこれらの硬貨1つずつの特徴や価値を熟知する鑑定士がいるため、適正な価格で買取りをして貰えるなど、この時代の硬貨などについては「古銭のことで聞きたいのですが、明治37年の」を参照されるのがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です