古銭買取りの豆知識、レプリカについて

記念切手の中には復刻版と呼ばれているレプリカの切手が多く在ります。
明治時代に発行された記念切手の図案がデザインとして採用され、平成の中で復刻版として発行されるものが在り、切手収集家にとってレプリカと言っても、古い時代の切手デザインが採用されているなどの理由から人気を集めています。
これは古銭においても同じで、国内や海外のコインなどに復刻版として発行されている記念コインが数多く在ります。
尚、レプリカと言うのはコピー品と言う意味を持つものであり、偽造コインとは取扱いそのものが異なります。
偽造品は本物とそっくりに作られた偽物であり、レプリカは本物とそっくりに作られていても、製造される目的には復刻と言うものが在るのが特徴であり、古銭買取りの中で対象となる物も存在しています。
因みに、古銭買取りは収集家や自宅から大量に出て来た古銭を買取ると言う商売を行う古銭商であり、持ち込まれる古銭には色々なものが在ります。
お金の価値は額面の価値に過ぎませんが、買取り店に持ち込まれる古銭の中には希少価値が高いものが含まれており、額面以上の価格で古銭が買取られると言うケースも在ります。
また、買取り店の中で買取り価格を定めているのが鑑定士であり、古銭に対する幅広い知識を有しているのが特徴です。
記念を祝して発行される硬貨には東京オリンピック記念の100円銀貨や1000円銀貨、日本万国博覧会の100円白銅貨、札幌冬季オリンピック記念の00円白銅貨、沖縄海洋博覧会記念の100円白銅貨、昭和天皇御在位50年記念の100円白銅貨など数多くのコインが在ります。
これらのコインは古銭を販売しているお店に行くと、額面の2倍から3倍の価格で販売が行われていますが、古銭買取りの場合には断れてしまう事も在ります。
断れてしまう理由の一つに、レプリカが挙げられます。
レプリカは、復刻版、コピー品と呼ばれているものであり、正規品として販売が行われていても、最初に発行されたものとは価値そのものが異なるため、買取りの対象外になる事も多くあるからです。
また、コインの状態が悪い場合などでも買取りを断れてしまう事もあります。
表面に傷が在るもの、汚れがひどいものなどは買取りが出来ないケースも在りますし、コインには在りませんが紙幣などの場合はしわが多くあるもの、破れている部分があるものなどは買取りが出来ないケースが在るため、保管する時には注意が必要です。
尚、古銭買取りのお店での記念硬貨についての情報はこちらを参考にされるのがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です